今のネットビジネスにおいて、成功するために様々な手法が世に出てきています。

本当に長い期間稼げる手法、最初は稼げてもそれから先はだんだん稼げなくなってくる手法、ずっと昔からあってこれから先の時代でも使える手法。

これらの中で、これから先もずっと稼ぎ続けられる手法というものがやっと明確にすることができました。

それが、ずっと昔からあってこれから先の時代でも使える手法ということです。

その手法というのが、人間心理に基づいたビジネス戦略という事になります。

考える間もなく、すぐに欲しいと思うような心理状態を意図的に作る手法。

今回は、この手法の使い方とそれに関係する9つのメンタルトリガーというものを詳しく掘り下げていきたいと思います。

今回はビジネス戦略を立てる上でも重要な内容となりますので、よければ最後まで読んでいただけたらと思います。

◎9つのメンタルトリガーを戦略で取り入れていく

まずメンタルトリガーとは何なのか?簡単に言いますと、

人々に行動を起こさせるものです。

メンタルトリガーは、僕達人間の行動や決断に直接作用させるものであり、絶大な影響力を持ち、潜在意識の中で僕達に働きかけています。

これをビジネスに取り入れていくと、商品を紹介していく中でこのメンタルトリガーを何度も何度も刺激する文章を構成していくと、お客さんをまるで催眠術にかけたような状態に持っていけるということになります。

ではここで、9つのメンタルトリガーを以下に挙げておきます。

  • 1.権威
  • 2.相互関係
  • 3.信頼
  • 4.期待
  • 5.好感度
  • 6.イベント・儀式
  • 7.コミュニティ
  • 8.希少性
  • 9.社会的証明

 ではこれらを1つずつ解説していきますね。
それではいきます。

◎1.権威

人は、権威を持った立場の人に従うという傾向があります。
例えば、医者を想像してみたら分かりやすいかと思います。

診察室に入ってきた医者を見たとき

・ビシッとした白衣を身にまとった医者

・ヨレヨレのシャツを着ただけのそこらのおじさんの姿と変わりない医者

この二人を見て、どちらの言う言葉を信用するかと言うと、もう言うまでもありませんね。

もちろんビシッとした白衣を身にまとった医者の言う言葉を信用しますよね?

人は権威を持った人を尊敬し、その人から何かアドバイスをしてもらおうと求めます。

では権威をまとうにはどうすればいいのか?

これにはある事例がありました。

友人3人と私は、学校のアメフトの試合が終わったので、車で帰宅しようとしていた。

またそこには何百人という人も帰宅を急いだため、駐車場が渋滞してしまう。

それに出口では何十台という車が一気に押し寄せたため、車がまったく動かないまさにカオス状態となってしまう。

そこで友人の1人が、車の中にあった懐中電灯をつけ、交通整理を始めたのである。

しかしそれは単に私達の車の前に立ち、渋滞を抜け出せるように先導しただけである。

そこで懐中電灯を見た他のドライバーが、私達専用の「交通整理員」のために道を空けてくれたため、すぐに駐車場を抜け出すことができた。

これはほんの一部ですが、権威をまとうことが、それほど難しくないということがお分かりになったと思います。

◎2.相互関係

相互関係とは、誰かに何かをしてもらったら恩を返さないといけない義務を感じる心理状態のことをいいます。

例えば、あなたの恋人から何かプレゼントを貰ったら、お礼に何か返さないといけないという感情が湧いてきますよね?

しかしそこで何も返さないと、すごく気まずい雰囲気になる。
人は誰かから恩恵を受けたら、何か報いることを思わず探してしまうのですね。

このことから、アフィリエイトで

「これを買って!お願いだからとにかく買ってください!」

といって 、何も有益な情報を提供せずに、もらうことばかり考えているからこそ、アフィリエイトでは稼げないということがお分かりいただけたと思います。

なので、まずは有益な情報を提供し続けて、そこから相互関係を築くことになります。

◎3.信頼

信頼関係の構築は、他人の生活に影響を及ぼすうえでは唯一の近道になります。

逆に信頼できない、胡散臭いという人からは当然ながら商品が売れません。

例えば
「1クリックで日給100万円稼げる」

「○○を使った新しいビジネスを始めてみませんか?」

こういうことを言って情報弱者などに甘い誘惑をしてきます。

確かに中には優良なものもあります。
しかし、今は情報で溢れかえっている情報過多な時代なので、結局どれが正しいかが分からなくなってきているのも事実です。

そういう混沌とした状況の中から僕達の正しい情報発信を拾い上げてもらえる方法。

それが信頼だということです。

ビジネスは信頼関係が第一です。

ビジネスにおいて信頼関係が構築できれば、商品が勝手に売れていくという現象が起こります。

そのためには、信頼関係は時間を掛けて構築していく事でだんだん深くなっていきます。

それだけ信頼関係は重要なのです。

4.期待

商品を売るには、商品を売るまでの段階を正しい純情で組み立てていくことが大事になってきます。

何の順序も立てずに、ただやみくもに商品を売りつけようとしても、お客さんはその商品に対して情報もなく全く興味を示しませんし期待もしませんので、当然のことですが商品は売れません。

要は商品を売る段階において、お客さんをワクワクさせてくことです。

期待をさせること=ワクワクさせること

例えば、子供の頃、遠足の前日、自分の誕生日の前日とかに何かを期待していたあのワクワク感をお客さんに感じてもらうということです。

その期待感を高めていくと、お客さんは買いたくて買いたくてたまらないという感情がここで初めて起こるわけです。

この期待と他のメンタルトリガーを組み合わせればその威力は増大し、あっと驚くような効果が生まれるということです。

5.好感度

好感度は、日々の暮らしで誰もが経験するメンタルトリガーです。

実際に僕達は、自分が知っている人、好きな人、信頼する人と仕事がしたいと考えますよね?

では、どのように好感度をアップしていけばいいのか?

それはいつも正直に素直な姿勢をとる、すなわち好感が持てるようなことをするのが好感度アップに早く繋がるということです。

アフィリエイトはすべての工程は文章で構成されていくので、何の感情もない機械的な言葉よりも人間味溢れる暖かな文章の方が好感を持てます。

丁寧で親切で寛大で正直であればもっと好きになってもらえます。

そして好感度がアップするほどに影響力も増していきます。

6.イベント・儀式

マーケティングをただの売り込みと考えずに、これをイベントにしてしまえば、爆発的な集客力を得ることができます。

人は、祭りやパーティーなどのイベントごとがなぜか大好きです。

このイベントにたくさんの人が集まれば、これが一つの儀式へと変貌していくことができるというわけです。

儀式とは、人を一体化させ、これ以上ないほど人の心を強く掴みます。

7.コミュニティ

コミュニティというメンタルトリガーは強力な力を秘めています。

人は、自分が所属するコミュニティがこうあるべきだと定める基準に沿って行動を起こします。

例えば僕達は今まで

・いい学校へ入り

・いい成績を取り

・いい会社に入り

・将来は年金暮らし

という生き方が日本でのコミュニティとされてきましたよね。

ここで自分が起業しようものなら、周りが
「お前には無理だ」

「やめときなよ」

といって止めに入ってきます。

ではこのコミュニティを個人レベルで構築していくとどうなるか。

今のネットビジネスで成功されている人は、自分だけのコミュニティを形成しているということです。

その規範となりえるのは、自分のブログにコメントを残すことであったり、究極にいえば、自分の商品を買うということも規範になりえるということです。

8.希少性

人はその商品に数が少ないとわかると、より欲しくなるという心理が働きます。

そう、僕達は「限定」という言葉に弱いですよね。

今手に入れとかないと、もう二度とその商品が手に入らないかもしれない。
これが、希少性というものです。

これはスーパーのタイムセールなどで上手に取り入れられている手法です。

このように、希少性は人々に決断を迫るというパワーを持っているということがわかりますね。

戦略だと分かっていても欲しくなってしまう、これが希少性というパワーなんです。

9・社会的証明

社会的証明というものは

周りがやっているから自分もそうしたい」と考えることです。

人はとるべき行動に悩むと、周りの人を見てそれを見習います。

それは、僕達が社会的な生き物だということであり、周りの人間の行動から、想像以上に影響を受けているということです。

例えば外食したときに、お腹がすいたのでどこかレストランをさがしたときに、2件のレストランを見つけたとしましょう。

片方は駐車場には車が2台ほど停まっている程度、もう片方は10台以上も車が停まっている状況。

この場合、あなたはどちらを選びますか?

もう間違いなく、10台以上停まっているレストランを選ぶに決まっていますよね。

これが社会的証明という力になります。

ではどのようにして、社会的証明をアフィリエイトビジネスの戦略に取り入れていけばいいのか?

それは、ブログに訪れた読者さんが何を基準にして評価をしてくれているのかを考えればわかりやすいのではないでしょうか?

読者さんは、記事の質やコメント、アンケートについての書き込みを見て読者層を判断してブログを評価することが多いというわけです。

つまりコメントなどを見て、社会からどの程度評価されているのか判断するというわけですね。

ではここで、もう一度9つのメンタルトリガーについておさらいをしたいと思います。

  • 1.権威
  • 2.相互関係
  • 3.信頼
  • 4.期待
  • 5.好感度
  • 6.イベント・儀式
  • 7.コミュニティ
  • 8.希少性
  • 9.社会的証明

お疲れ様でした。いかがでしたか?

今回はまじめに講義した感じで少し読み疲れたのではないでしょうか?(笑)

しかし、前にも言いましたが、アフィリエイトは有益な情報をシェアすることが本当のビジネスだと僕は思っているので、自分の知っている情報はどんどん発信していきたいと思っています。

今日は9つのメンタルトリガーについてお話しました。

次回は、このメンタルトリガーを効率よく取り入れた戦略
プロダクトローンチについてお話していきたいと思います。

これもアフィリエイトの戦略において重要な内容になってきますので、よければ読んでいただければと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

そしてお疲れ様でした。

関連記事:プロダクトローンチというビジネス戦略とその意味