アフィリエイトにおいて、集客することは今後のビジネスにおいてとても大事になってきます。

 

そして、検索集客においては、ターゲットの選定を間違えると、全く稼げないという現象にハマります。

 

なので、これからブログの記事を書いていくときに、記事の一つ一つに、まずターゲットを選定してから記事を書く事を徹底していきましょう。

 

もしターゲットを決めずに記事を書いていくと、必然的に周りの色々な人に受け入れられるような記事を書こうという心理が働き、それによってメッセージ性というものがどうしても薄れてしまいます。

その結果、誰の胸にも刺さらない記事が出来上がってしまうのです。

 

では、どういう風にターゲットを選定していけばいいのか?

 

まずは、初心者の段階では、以下のターゲット選定の戦略を盛り込んでいくことをおすすめします。

 

初心者の段階でのターゲット選定戦略

・過去の自分に向けて書く

・今の自分に向けて書く

・自身の過去の経験を参考にこれからそれを経験しそうな人にアドバイスするイメージで書く

・年代が同じ人に向けて書く

・自身がやっている(過去にやった)仕事について書く

・過去に自身が深く悩んだり苦しんだ経験を書く

 

ここでのポイントは、あくまでも主役を読み手にゆずり続けることです。

 

常に読み手への配慮を忘れずに

「自分の経験を他の人にしてほしくない」

といった具合に自分の過去や経験を語るようにイメージしていくことです。

 

特に初心者のうちは、文章力と想像力に乏しい段階ですから、そこに自身の経験を前面に打ち出していき、読み手に

「それ、すごくわかる!」

と共感させる事を目的としたターゲット選定にすることがいいと思います。

 

もし

「自分の事を書くのはどうしても嫌だ!」

「自分には大した経験がない」

というのであれば、次の上級者向けのターゲット選定戦略を参考にしてもらうのがいいと思います。

 

上級者向けターゲット戦略

・これまでやり取りした方たちの性格や特徴をすべて洗い出しデータ化する

・これまでやり取りした方の中から1人を選び、その人に向けて書く

・頭の中で架空の人物を1人作り上げ、その人へ向けて書く

・親や友人や恋人や職場の同僚の特徴を思い出しその人へ向けて書く

・過去に出会った好きな人や嫌いな人を思い出しその人へ向けて書く

・過去、現在、未来の自分に向けて書く

 

ここで注意しておきたいことは、ターゲットを徹底的に絞り込み過ぎると、集客の分母が狭まる原因となるので、バランスよくターゲットを選定する意味も含めて、
次のターゲット選定も盛り込んでいくのがいいと思います。

 

上級者向けターゲット戦略詳細

・年齢は?

・性別は?

・職業は?

・住んでいる国や地域は?

・1日何時間働いているか?

・恋人はいるか?

・家族構成はどれぐらいか?

・子供はいるか?いないか?

・副業の経験はあるのか?

・休日はアウトドア派か?インドア派か?

・文系か?理系か?

・論理派か?屁理屈派か?

・オープンマインドか?そうでないか?

・ポジティブか?ネガティブか?

 

上級者向けターゲット戦略としては、過去に自分がやり取りした読み手を参考に、20~30人にターゲットを搾り出し、パソコンなどにターゲット像を作成しておきます。

 

そしていざブログの記事を書くときに、そのターゲットの中から1人を選定して記事を書いていく。

 

そうすれば、毎回ターゲットの選定に悩ます、自動でターゲットを選定できます。

 

そして、複数のブログの記事を書くなり、メルマガ記事を書くなりして、何度もトライ&エラーを繰り返すこと(PDCA)。

そして一番反応が取れた際のターゲット像を、意図的に絞り込むことが出来るというわけです。

 

まさにこれがターゲット選定の正しいやり方になります。

 

このようなことから、検索集客においては、
まず誰に向けた記事であるかを明確にする(ターゲットを絞る)ことから始まっていきます。

 

そうして、毎回記事を書くときに、

「この記事については、誰に向けて書くのか?」

を明確にすることができたら記事を書いていくようにしましょう。

 

実は意外とこれが出来ていない人が結構いるのです。

 

僕も最初は、不特定多数に向けての記事を書いていることがよくありました。

それに気づいてからは、今は何人かの人物像が自分の中に出来上がっていて、この記事はどの人物に向けて書くかを決めてから書くようにしています。

 

なので、初心者の段階で集客をする時は、このようなポイントを押さえて、ターゲットを誰に選定するかを明確にすればまた一段と胸に刺さる記事が書けるのではないでしょうか。

 

それに慣れたら、今度は上級者向けの戦略をどんどん盛り込んでいけば、また一段と良質な記事が書けると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。それではまた!