前回に引き続き、今回もプロダクトローンチのお話の続きをしていきたいと思います。

前回講義内容:プロダクトローンチというビジネス戦略とその意味

前回はプリ・プリローンチとプリローンチについて説明していきました。

内容としては、商品を売る前の準備段階だということでした。

今回はその集大成というべき部分について掘り下げていきたいと思います。

それは、これまでの努力が結実する大事な段階だということです。

これから説明するローンチの部分は、報酬発生のメールがバンバン来る期間のことなのでテンションが上がりっぱなしの状態になって間違いありません。

アフィリエイトでも、その他のビジネスでも、一番ワクワクする時というのは、やはり報酬が発生したときだと思います。

今回お伝えする内容は、その報酬発生のメールが届くという体験をあなたにしてもらうための講義になります。

ではしばらくお付き合いください。

3.ローンチ

今まで行ってきた作業は、すべてこのローンチの日のためにやってきた事です。

それは正真正銘の本番の日だということです。

このローンチの日というのは、商品やサービスを実際に送り出す、そして受注を開始する段階のことになります。

つまり、ブログやメルマガで商品の紹介をする、もしくはセールスページに誘導するということですね。

この段階では、

「販売を開始しました。今から注文受付を開始します」

といったメールを送るわけです。

なので、文章はダラダラとした長いものではなくて、上記のように用件だけまとめ、分かりやすくして短い文章にするということがポイントになっています。

なぜ、短い文章にするかといいますと、この段階ではすでにお客さんは期待が高まっていて、どちらかというとその商品に対してすでに興味が高まっている状態だからです。

そしてここでのコツは、短い文章のあとに追記をして、その部分にお客さんの背中を押してあげるということをします。

実は追記という部分はお客さんが最も読む可能性が高いところでもありますので、
本当に伝えたいメッセージはここで伝えるようにしていきます。

ちなみにこのローンチの注文受付は24時間~7日間に短く設定することが多いです。

それは9つのメンタルトリガーのうちの1つである希少性を演出するためでもあります。

「この機会を逃すと、もう2度と手に入らないかも知れない」

「締め切りまでに買わないと特典を逃してしまう」

このように、お客さんにとって不都合なことが起きるということを伝えないと、商品を買ってもらうことができません。

お客さんは商品を買うときは非常に迷います。

そこでその商品を買うためには、お客さんが最後にしてもらいたい事というのが

「誰かに背中を押してもらうこと」なんですね。

このことは絶対に忘れないようにしてくださいね。

ここで希少性を演出するのに効果的な方法を挙げたいと思います。

・商品の値上げ

・販売終了

・特典配布の終了

主にこれらを適用すると効果的です。
この3つの方法を上手く取り入れていけば、商品を購入してくれる確率がグッと高まります。

ここで重要なことを一つお話しておきます。

お客さんは商品を購入する決断を先延ばしにする傾向があります。

アフィリエイトするということは、ただアフィリリンクを貼り付ければいいというわけではないのです。

先ほども言いましたが、お客さんは誰かに背中を押してもらいたいということを常に考えています。

そこで、僕達がどれだけお客さんの背中を押してあげることができるかということです。

ここが僕達の腕の見せ所というわけですね。

ここでは別にローンチすることに失敗してもいいんです。

大事なのは失敗を恐れずに何事もチャレンジすることです。

もし失敗したとしてもそれが経験になり、その経験が次に成功するための糧となるということです。

ビジネスはトライ&エラーを繰り返すことが大切です。

初めから成功できるわけがありません。

なので6~7割の状態でも、どんどん実行していきましょう。

実はそれぐらいでも成功することが多いのです。

では、次にいきますね。

4.ポストローンチ

この期間は、いわば仕上げの段階です。

それは、商品を買ってくれたお客さん、または購入に至らなかったお客さんに対してのアフターフォローをする期間だということです。

ポストローンチの期間は、他の段階と比べると興奮度は低いですが、
価値を提供し、ブランドを構築するという重要な段階でもあります。

例えるなら、居酒屋さんとかに行って会計をしたときに、

「次回の来店時に、このドリンクの割引クーポンを出してもらうと割引させていただきますね」

といったやり取りがありますよね?

この割引クーポンがお客さんのアフターフォローの部分と理解してくれたらいいと思います。

あとは、セールスの時に特典がないと思わせておいて、いざ商品を購入したらサプライズで特典をプレゼントされたという方法も効果的ですね。

この先もビジネスで成果を挙げていくためには、こういったお客さんに対して
細かな気配りをしてあげることが重要になってきます。

それは購入に至らなかったお客さんに対してもそうです。

今回は購入してくれなかったとしても、もう一度綿密に練られたローンチを駆使すると、期待や興奮が高まるはずですから、次は商品を購入してくれる可能性が残っています。

それは、次のローンチの足がかりを作り始めることも可能だということを意味しています。

 

PS.

いかがでしたか?これまで数回に分けてプロダクトローンチについて説明してきました。

しかし、ここでお伝えしたことはプロダクトローンチの基礎中の基礎の段階。

まだ序章に過ぎないのです。

それだけプロダクトローンチというものは奥が深いですが、これまでの記事を読み進めていってもらえたら、商品を100発100中売るということがどういうことなのかが見えてきたのではないでしょうか?

正直、興味のない人にとっては退屈な内容だったかも知れませんね 笑。

しかし、これからアフィリエイトをしていくのに、どのようにビジネス戦略を組み立てていくかという参考にはなったのではないでしょうか?

ただ単にアフィリリンクを貼り付けるだけの単純な作業ではなくて、きっちりと戦略を立てていくことをすれば、どんな商品でも売ることができるということです。

そうすれば、僕達が目指している本当の自由を手に入れることができるというわけです。

この数日間に渡り、長い講義の文章を読んでいただきありがとうございました。

そしてお疲れ様でした。

ひょっとすると説明不足な部分があるかと思いますが、その時はまたご指摘いただけるとありがたいです。

とりあえず、この講義は今回で終了となります。

また次の記事からいろいろな視点から記事を書いていこうと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。それではまた!