◎自分の人生は大したことない。そんなことはありません!

時には自分の過去を振り返って

「自分の人生はなんてつまらないんだろう」

「自分は周りに自慢できるほどの経験をしていないなぁ」

「あの時、こうしておくべきだった」

などと考えてしまうときがあるかもしれません。

自分に自信を失うことは誰でもあることで、それは仕方ないことですが、自分を全否定するほど思い詰めるまでいかなくてもいいと思いますよ。

僕もこれまでの人生は、周りに波風立てずに平凡な生活をして静かに生きてきた感じです。

学生時代は特に目立つわけでもなく、教師や親の言うことに素直に従い毎日を過ごしてきました。

そして社会人になってからは職場と家の往復をする毎日。

家に帰ったらテレビやゲームやネットをして寝る。

そんな毎日の繰り返しが嫌になり、遊ぶことに全部のエネルギーが向いてしまい、その結果自分自身が破滅する手前まで堕落してしまったこと。

そんなどうしようもない自分に親からは

「そろそろ結婚して、いい加減落ち着きなさい」

と言われる始末。

そんな自分の人生を変えたくてネットビジネスの世界に飛び込んだのはよかったのですが、始めたばかりの時はブログの記事を書こうとも、自慢できる経験や派手な経験というものが無かったので書けることが何もない。

そんな状況で、僕よりも若い人がネットビジネスで成功しているのを見て、余計に自信がなくなってしまったことがありました。

では自分の人生が大したことなかったと考えてしまう理由って何だと思いますか?

その答えは意外と簡単なことでした。

「自分の人生は大したことなかった」

こう考えてしまうのは、他人と自分を比べてしまっているからなんですね。

他人と自分を比べてしまうと、そこには劣等感だけしか生まれてこないということでもあります。

これらのことから、他人と自分を比べることは意味の無いことですし、ハッキリ言って時間のムダですので、このことについては考えないようにすることが一番精神上では良いと思います。

というのは僕も昔は常に自分と他人を比較していた時期がありました。

「なんでアイツはいつも自分よりも有利な位置に立てるんだ?」

「なんでオレだけこんな辛い目に遭わなければならないんだ?」

このようなことを毎日といっていいぐらい思っていました。

そのせいで、考えることはほとんどが悲観的なことばかりになっていました。

しかしここである言葉を思い出してください。

「隣の芝はどうしても青く見えてしまうもの」

◎あなたのこれまでの人生は決してショボくないということ!

あなた自身では自分の人生は大したことないと思えるようなことでも、実は他の人から見ると結構驚いたり、その人にとっては役に立つ情報だったりするということがよくあることなんですね。

そして、その人たちから見れば、あなたの経験してきたことを逆にうらやましいと思っているということです。

他の人も結局は隣の芝は青く見えているものなんですね◎

なので、もし自分が情報発信をしていくと決意された場合は、これまでの経験をすべてさらけ出してもいいと思えるぐらいそのことに自信を持って情報発信をしていけばいいと思います。

読者に自分の心を開いて自己開示していけばこの情報発信という世界では、必ずやあなたに共感を持ってくれる人が現れるはずです。

僕もこのブログでこれまでの恥ずかしい経験などをさらけ出しています。

書いたばかりの当初はやはりうしろめたさがあったまま書いたのですが、いざ書いてしまうと気持ちがスッキリして、うしろめたさが一切なくなりました。

そして自由に自分が思ったことを書くようになりました。

今さら自分でもがき苦しんで後悔しても過去は変えられないですしね。

こう思ったら、あなたの経験してきた一つ一つがとても意味のあるものだということが実感できるのではないでしょうか。

そう、「自分の人生は大したことない」というのは間違いであるということです。

そして自分の経験をさらけ出すことで、自分を自由に表現できるということでもあります。

なので、自分を全否定するまで思い詰めないようにしてくださいね◎

最後まで読んでいただきありがとうございます。それではまた!