皆さんの職場にも働かない上司はいませんか?

働かない上司、もしくは仕事ができない上司がいると、本当にストレスが溜まる毎日ですよね。

あなたがこのページを見てくれているということは、あなたも職場の仕事をしない上司に対して、めちゃくちゃ腹が立つことがあってどうしようもない状況なのではないでしょうか?

日本の社会というものは、昔から上下関係を重んじる文化が浸透しています。

ですから、たとえ理不尽なことを言ってくる上司でも、その意見を渋々受け入れなければならないことが結構あるかと思います。

こっちの方が効率よく作業が進められるのにもかかわらず、上司のそのときの気分によって明らかに効率が悪い方で作業をしなければならず、無駄なストレスが溜まってくることがありますよね?

こんな上司と一緒にしていると、自分自身が成長できないことは明確です。

しかし、他の環境に移れる所が無く、辞めたくても辞められないという状況になっているので、そんな動けない自分に対しても腹が立ってくる。

そんな仕事ができない上司と同じ環境にいると、ただ一緒にいるだけで仕事に対するモチベーションも上げることができなくなってしまいます。

では、こんな上司との人間関係から抜け出すにはどうすればいいのか?
今回は、そんなお話をしていきたいと思います。

◎仕事をしない、もしくは仕事ができない上司とは一緒に仕事をするべきではない

とある会社のいち会社員として働いていると、安定した給料を貰うことは確実にできますし、世間の視線というものを気にしなくてもいいですよね。

それは、周りの人たちもほぼ同じ境遇で日々生活をしているので、自分の今の行き方は間違っていないと錯覚してしまっているからです。

なので、この先いずれ結婚して家庭を持つと、マイホームを購入するという目標ができると思います。

そして、何十年も支払うことになるローンを組んでローンを払うために仕事を頑張る。
そのことに対してはすんなりと受け入れることができると思います。

しかし、自分がもっと頑張ろうと意気込んでも、その職場に仕事をしない、もしくは仕事ができない上司がいた場合、その人の影響で自分がこれ以上成長できない状態になってしまったら、我慢してまでここに残る意味があるのかないのか分からなくなってしまう時があります。

僕の場合も、この葛藤に悩んだ時期がありました。

そこで僕は上司に対して、
「今の環境にどっぷり浸かっているとここにいる全員がダメになってしまって職場のバランスが一気に崩壊して、辞める人がどんどんでてきますよ」と何度も訴えかけたことがありました。

しかし、その時の職場の上司は事なかれ主義のタイプの人だったので、自分が面倒くさいと思ったことは、徹底して関わらないスタイルを通して、問題を解決していこうとする姿勢を見せることはありませんでした。

おまけにその人は仕事をしない上司でもありました。

そのおかげで、周りの同僚や後輩も面倒くさがりになり、愚痴はこぼすのに自分達で何とかしようと行動しない人ばかりになっていきました。

そんな上司や同僚や後輩の態度に僕は呆れて、もうこの職場は終わりだと判断して、最終的に後輩達も見捨てる形でその職場を辞めていきました。

確かに、嫌な上司と一緒に働くことを我慢すれば、安定というものはそのまま自分の手元にあり続けますが、この先もその上司をフォローしていくとなると精神的負担というものが、想像以上に大きいと思います。

ここで一度考えてみてください。

そもそも会社は他にもたくさんありますし、それに生き方や考え方がそれぞれ違う人も世の中にはたくさんいますよね?

そこで重要になってくるのが、今の環境にそのままいたとしたら、その何年か先も自分が成長し続けられている環境であるか?

もし今の上司がいるおかげで、これ以上自分が成長できないと判断したら、その時が今の職場から離れていくタイミングだということかもしれません。

仕事をしない、もしくは仕事ができない上司を説得しようとしても、仕事はしませんし、仕事ができないままの状態でいると思います。

おまけにこういう上司に限って、自分の都合の悪い意見や提案などはすべて無視するという子供じみた行動をします。

これは僕の経験上、間違いないです。

なのでそこは割り切るしか方法がないということです。

しかし、そんな上司とこれからも一緒に働くかどうかということに関しては、人それぞれの考え方があると思います。

僕はそんな環境から早く抜け出したいという思いもあったので、ネットビジネスの世界に飛び込みました。

今こうして、記事を書いたり他の作業をしていると、やはり1人でする仕事の方が自分には合っているなと改めて感じています。

それは、この1人で作業をしている時が、一番ストレスを感じていないという実感があるのが確かだからです。

僕が本気で仕事を辞めたいと思ったときというのは、仕事をしない上司、役に立たない後輩と関わる人間関係がハッキリ言って嫌だからだということです。

ここで一つ言える確かなことは、自分の思い通りに自由に生きることが一番だということです。

そして、今のネット社会ではそれが実現できるということです。

今も、改めて凄い時代になったなと思っています。

今の時代はネットがあるからこそ、自由に自分の人生を生きることができるんだと言うことも覚えておいてくださいね。