◎今の仕事はあなたにとって生きがいのあるものですか?

僕達は、小さいときから親や学校の教師達に

「良い学校に行き、そこで良い成績をとって、良い会社に就職しなさい」

このように徹底的に教育されてきました。

 

しかしそれは、自分の人生から『自由』というものを消滅させる生き方でした。

 

日本の教育とは
『優秀なサラリーマンをたくさん作り上げること』

 

なぜなら、日本という国はサラリーマンがいないと経済が成り立たない国ですので、
サラリーマンが減るということは国を崩壊させるということになります。

 

そして真の目的は、国や会社の権力者が自分達が楽に稼ぐようにするため。
そのために、世の中の9割の人は朝から晩まで働かされ、自分の大切な家族や恋人と過ごす時間を犠牲にする人生を送ることになります。

 

それは、自由な時間と自分のやりたい事を取り上げられるということなので、
仕事を生きがいにしないとやってられないという精神状態になるわけです。

 

しかし、そんな生き方に限界を感じ、自分の人生に『自由』を取り戻すために、自分の足で立ち上がる人はどんどん行動を起こしています。

 

それは、『誰かに雇われることは人生で自由がなくなること』 を理解したから。
自分でお金を稼ぐを身に付けないとつまらない人生を送ることになることに恐怖を感じたから。

 

そこに気が付いて行動を起こし、そして成功し、
誰にも邪魔されない自由な人生を送ることができています。

 

このような人たちは、自分の足で立ち上がり本気で自由になりたいと思ったからこそ、行動に移せたんだと思います。

 

あなたはどうですか?

あなたは今の仕事に生きがいを感じていますか?

それとも今の仕事に生きがいを感じていないですか?

 

もし生きがいを感じないというなら、自由になるために何か行動を起こそうと真剣に考えたことはありますか?

 

それとも、考えるのが面倒くさいと思って、不満を垂れながら、
結局は行動を起こさず今までと変わらない毎日をただ過ごしているだけですか?

 

僕は別に誰かに雇われる生き方が悪いとは言っていません。
しかし、誰かに雇われる生き方だと、自分の人生から自由を失くす生き方になり、
自分の人生がつまらなくなるのが嫌だと言っているわけです。

 

仕事を人生の生きがいにしてしまうことよりも、

自分がどのように生きていきたいかで仕事を選ぶことが大切ではないでしょうか?

 

多くの人は、やりがいのある仕事を見つけて、その仕事を一生懸命に頑張れば自由になると思っています。

しかし、本当に自由になりたいのであれば、
自由になるために仕事を選ぶことが、自由になれる近道になります。

 

ここで考えてみてください。

自分にとってのやりがいのあることなんて、仕事以外でもたくさんあります。

ゲームをしたり、料理をしたり、旅行に行ったりなどの趣味とかが当てはまるかと思います。

そして、そのような趣味など、自分がやりがいのある事に関しては、誰よりも詳しいはずですから、その情報をネットを使って発信すれば、それがビジネスにもなるわけです。

 

それは自分の可能性を見出すチャンスでもあります。
自分の生きがいである趣味などがビジネスになってしまう。
これってワクワクしませんか?

 

生きがいというものは、仕事をして給料をもらうことだけではありません。

 

自分のやりたい事をとことんやり尽くす、
そして国や会社に頼らなくても自分でお金を稼ぐ能力を身につける。

 

それが、自分の足で立つことではないでしょうか?

 

これが自由に生きる方法であり、そして自分にとってやりがいのあることになってくるのではないかと僕は思います。

 

自由になるための方法などはメールで無料で公開しています。
↓↓↓↓↓
自由になる方法ってあるの?

 

こうして人間に生まれてきたからには、

やはり何か生きがいが感じられるまで生きている義務があろう。

リンカーン
(アメリカ第16代大統領)