コピーライティングとは、読者の心理に沿って文章を繋いでいく技術の事です。

 

ネットビジネスは、集客もセールスもアフターフォローも何もかも文章を通して行われますので、コピーライティングは学ばないより学んだほうが有利です。

 

そして、僕達がこれから書いていく記事は、日記やキャッチコピーが書かれた広告のようなものでもありません。

 

お客さんがその商品が欲しくて欲しくて居ても立ってもいられない状態を意図的に作っていく
というセールスに特化したライティングスキルを身に付けておく必要があります。

◎お客さんの心理に沿った文章を書く

お金を稼ぐための文章を書くには、お客さんの心理に沿った文章を書くことが重要になってきます。

 

では、お客さんの心理はどのような流れになっていくのか?それは

1・興味・関心

2・信用・共感

3・行動(物を買う)

 

人間の心はこの順番で動いていきますから、商品を紹介する際には上記の順番を間違えると商品が全く売れない状態になるので注意が必要になります。

 

この3つのうちのどの部分を刺激して伝えるのかを考えながら文章を繋げていくということになります。

 

まず始めは、あなたに興味や関心を持ってもらうことです。

 

そこで注目されたら、信用と共感を得ることに全力を尽くします。

この信用は、常に価値ある情報を発信していけば、自然と得られていきますので、毎日コツコツと記事を更新していきましょう。

 

そして、信用を得られたらそこでファンが構築されていきます。

そして、十分な信用と共感がピークに達したタイミングで商品を紹介すれば売れるということになります。

 

しかし、文章を書いているときに

「結局、今何を伝えたいのか分からなくなってきた」

という状態に陥ることもあります。

 

そんなときは、1,2,3のどの目的のために文章を書いているのか?と自分に質問するとその記事の目的地がハッキリすることになります。

 

こういうことを意識して文章を繋いでいってくださいね。

1,2,3を意識するだけでも、読み手の反応も変わっていきます。

 

もう一度おさらいしておきましょう。

 

まず1番に行うことは、最大限に興味を惹くことです。

 

興味がひけたら、次は信用です。

信用は価値のある情報を提供し続けていけば、自然とついてきます。

信用が付くと、そこから問い合わせなどが増えてきます。

 

そこでさらに信用を築き上げて、根強いファンを構築していきます。

あくまでも行動(商品を購入してもらう)は一番最後に行うということです。

 

僕達以外にも、コピーライティング力を入れている人も増えてきてますから、他のアフィリエイターとも差別化できるポイントでもあるのでここの内容はしっかりと理解して、そして実践していってくださいね。

 

PS.

文章能力は徐々に上がっていくものではなくて、ある日突然スラスラと書けていくようになります。

 

それに始めのうちは1記事を書くのに相当時間がかかってしまうと思いますが、コピーライティングのスキルをしっかり身に付けていけば、スラスラと書けるように必ずなれますから、頑張ってコピーライティングの知識を習得していきましょうね。

 

コピーライティングの技術を早い段階で身に付ければ、短期間で突き抜けていくことが可能になるわけです。

というよりは、アフィリエイトはコピーライティング技術さえ極めてしまえば圧倒的に早く稼げるようになるというわけなんですね。

 

なので、このスキルは早い段階で身に付けておくことをオススメします。