夏休みが終わり、新しい土地での生活が始まりました。

転校初日、僕の胸の中はドキドキでいっぱいでした。

 

「みんなと仲良くできるかな」

「またいじめられるのかな」

 

いろんな思いが交錯する中、ついにクラスのみんなと初対面を果たしました。

 

そこには、僕は思わず驚きました。

クラス中の皆が笑顔で僕を歓迎してくれたことです。

 

休憩時間は、みんなから僕に話しかけてくれて、質問攻め 笑。

 

最初は物珍しいということでいろいろ寄ってきたんだと内心そう思いながら受け答えしていました。

 

初日は何も問題なく無事終了。

正直ホッとしました。

 

でもそのあとにさらに驚くことがありました。

 

家にいると、同じクラスの子たちが5,6人僕の家にきて遊びに誘いに来てくれたことでした。

 

大げさかもしれませんが、僕は初めて、神様に感謝しました 笑。

「素敵な出会いをくれてありがとう!」

 

そのあとも、中学、高校と友達も増え、僕は充実した生活を送り、一気に10代を駆け抜けていった感じでした。

 

第4章へ