◎間違った自由

社会人になって、僕は一人暮らしをスタートさせ医療の現場に飛び込みました。

しかしそこで待っていたのは、想像を絶する過酷な現場でした。

 

そんな過酷な日常を送るうちに、段々と不満やストレスが溜まるようになっていきました。

 

しかしここであることがキッカケで、自分がおかしな方向へと進んでいくことになるのです。

 

それがハメをはずして遊ぶことだったのです。

 

親からも解放され、稼いだお金は全て自分のもの。

好きなときに好きなものを買える。

ただし、自分で考えて資金管理をしなければ、生活は苦しくなるのでそこは良く考えてお金を使っていきました。

 

一人暮らしを始めたとき、本当の自由を手に入れたと思うようになり、今まで勉強の毎日と過酷な仕事現場によるストレスが頂点に達したこともあり、その反動でここから僕は「遊ぶこと」を生活の中心にしていくようになりました。

◎狂乱の20代

やはり社会人になっても太っていることに対して、周りからバカにされるのは無くなりませんでした。

 

この時から、僕はダイエットを始めることにしました。

 

「バカにした奴らを見返してやる!」

 

その思いだけで、コツコツダイエットに励みました。
そして、2年半の歳月を経てダイエットに成功しました。

 

体重は、当初80kgあったのですが、58kgまで減量しました。

 

これを機に、メンタル面でも強くなった僕は、自分に自信がつき、怖いもの知らずの性格になり、次第に行動が大胆になっていきました。

 

そして、遊びも派手になっていき、お金を散財するようになっていました。

 

酒、女、。この3つにとにかくお金をつぎ込み、仕事終わりから夜明けまで遊びまくり、そのまま仕事に行くという生活を繰り返していました。

 

このときの僕はまさに乱れた生活になっていました。

 

◎破滅に向かって

そして、あることがきっかけで、僕の人生は一気に転落していきました。

 

それは信頼していた友達から裏切られたことです。

その時に貸した200万円もの大金も持ち逃げされ行方が分からなくなりました。

 

僕は自暴自棄になり、自分自身も訳が分からない精神状態になっていました。

でも気を紛らわすために、さらに遊びに時間とお金を費やす日々を繰り返していきました。

 

その時はもう浪費する癖が完全に抜けなくなっていました。

 

そして僕の周りには、お金はもちろん、友人、何もかも無くなりました。

 

そして再び、一人ぼっちになっていました。

 

最終章へ