最近の日本の物価はまた上昇の方向に動いていますよね。

9月のときにメディアは物価上昇はいいことだみたいな記事を書いて、物価上昇を歓迎しているみたいなことを言っていました。

その時は、「この物価上昇は本当に良いことなのか?」と僕はその中身を見ているとどうも違和感を覚えたことがあります。

実は僕達の気づかないところで、日本という国はどんどん住みにくい国へと加速しているような気がしています。

そしてろくに生活ができない人たちの若年化も進んでいるみたいなんです。

これは、すなわち環境の変化に気づけていない人たちは危険にさらされるという例の一つだと思います。

今の世の中は情報社会の真っ只中ですので、これは無知は罪な時代といえることを象徴しているのではないでしょうか?

これは無知な状態だと、将来の事や今の生活に最悪の事態を招く可能性があるということです。

もしそうならば、

「給料を上げろ!」

「残業反対!」
など悠長なことを言っていられないということですね。

しかし自分で稼ぐ能力を身に付けていれば、これらの物価の上昇や日本の経済などは気にする必要はないですよね。

自分で稼ぐ能力があれば、会社を辞めても不安になることがもはやありません。

◎節約する(守りに入る)か、お金を稼ぐ方法を学ぶ(攻める)か?

もし今よりさらに生活が苦しくなる環境になったら、ほとんどの人は生活費をさらに切り詰めようと考えることだと思います。

むしろ、世の中の人の9割が、財布の紐をさらにキツく締めることでしょう。

そして

「景気が悪いのは国のせいだ!」

「給料をもっと上げろ!」

「会社は社員のために何とかしろ!」

このように不満を漏らしながらも結局は何も現状が変わらないことに落胆することになります。

サラリーマンの方なら、月のお小遣いもほんのわずかだといっています。

このような笑えない状況でも、世の中のほとんどの人は稼ぐことを学ぶことよりも、節約することを優先させるわけです。

そしてこう思うのです。

「今は辛い状況でも、いつか必ず良い方向に流れが変わるはず」

しかしその「いつか」というのは、ハッキリ言っていつまでたってもやってきません。

そして僕の場合は、それは幻想に過ぎないと思っていたので、自分で稼ぐことを決断しました。

この決断を今すぐするぐらいの早い段階で決断するのか、それとも大ピンチの状況になるまでひたすら放置しておくか。

考えは人それぞれですが、本当の自由を手に入れたいと思うなら、元気に動ける今の若いうちから行動することが大事だということは、もはや言うまでもないですね。

節約するのは大事なことですが、節約するだけでは大してお金は増えませんし、それよりかは支出を抑えて収入を今より増やすことでお金を上手く回していけるのだと思います。

一見、シンプルな考え方ですがそれ以外に方法はないということも理解しておくべきです。

もし自分で稼ぐ能力を身に付けたいと思うのであれば、一度こちらのページを参考程度にみて自分ならそうするべきかを考えてみてください。

フリーランスアフィリエイトプロジェクト

最後まで読んでいただきありがとうございます。それではまた!