「分からないからできません」←分かるまでやれよ!

こんにちは、トッシーです。

勉強や仕事でもそうなのですが、人は何か新しいことを学ぶ時、
最初は何だって不安になるのは当然です。

なぜなら、それに関しての知識が全くのゼロの状態だからです。

実は、

「分からないからできません」

というのは、学んだことを忘れてしまっているか、
単に知識不足の状態なだけなんです。

では、こういう状態を解消するためにはどうするべきか、
これからお話していきますね◎

 

◎分からないのは単に「知識不足」なだけ


あなたは過去に、学校や職場で何か新しいことを学んだ時、
最初はどんな感じでしたか?

「ヤベぇ!全然分からん...」

「ホントに自分でもできるようになるんかなぁ...」

というような感じで不安な気持ちでいっぱいになりませんでした?

しかし、学んだことを何回も繰り返して復習していくと、
いつの間にか何の不安も感じずに、淡々とこなせるようになっていきますよね?

それは、繰り返して何度も練習したからこそ、
あなた自身で身に付けることができたからです◎

新しく学んだことを、すぐに身に付けるということは、
誰もできないのは当然のことであって、
不安が付きまとうのも当たり前なんだということを、
まずは覚えておいてくださいね。

だから、新しいことを学ぶ時は確信なんて得られないんです。
というか、得る必要がないんです。

モヤモヤ状態で良いんです。

不安が付きまとったままでいいんです。

最初から分からないのは別にいいんです。
しかし、初めて学んだことをわからない状態でそのまま放置することはダメです。

だって、せっかく新しいことを学んだのに、
それを忘れてしまうなんてもったいないじゃないですか。

 

◎反復練習することでスキルが身に付く!!

例えば、あなたが好きな歌手やアイドルの歌を聴いたとき、
自然とその曲を歌詞も見ずに口ずさむことができますよね?

あれって、自分が好きな曲を何回もリピートしていたからこそ、
覚えられたからですよね。
まさに何回も繰り返したから身に付いたわけです。

だから、その曲のイントロが流れた瞬間に、

「これはあの曲だ!!」と、

歌詞も見ずに自然と歌えるということです。

 

これって、勉強も一緒じゃないですか?

普段から地道に学んだことを何度も復習することで、
自分の頭にインプットされるのですから。

だから、「分からないからできません」というなら、
単純にあなたが学んだことを繰り返して復習して、
知識不足の状態を解消すればいいのです。

わからないなら、わかるまでやれよ!ということです。

世の中の天才と呼ばれるアスリートやアーティストもそうです。

例えば、野球選手のイチローであれば、
毎日バットの素振りをしたり、走り込みをしたり、
体幹トレーニングを毎日のルーティンワークに取り入れて、
ひたすらそのトレーニングを毎日繰り返しています。

ある女優さんは、家で料理をしながら、
台本に書かれている自分のセリフの部分を、
ひたすらブツブツ言いながら料理をしたり、
マネージャーに台本を渡して、目の前で同じセリフを何回も言っていると言っていました。

芸人さんであれば、本番までの限られた時間に、
あるネタを何時間も繰り返して練習して、
ネタの完成度をどんどん上げていってます。

これらのことに共通していることは、

自分が成功するために、繰り返して練習してスキルを磨いていき、

そして確実に自分のモノにする

ということです。

人間は覚えたことをすぐに忘れやすいものです。

すぐに忘れます。

1時間前に覚えたこともすぐに忘れます(笑)

せっかく覚えたことを忘れて、

「あぁ~、オレってやっぱりダメな人間だなぁ...」

「あぁ~、もう終わった~!」

って落ち込むかもしれません。

 

しかし、そこで落ち込むこともないのです。
人間は忘れて当たり前なのです。
そこでまた、忘れた内容を勉強しなおしたらいいんです。

忘れて、やる気をなくして何もしなくなることが一番ダメなんです。
結局は、反復して何度も繰り返して身に付くものなんですから。

そこで、

「でも、うまくなりたい!成功したい!」

「しゃあねぇ、もう1回やるか~!!」

って、また地道にやり始める人が最後には成功する人になります。

 

ちなみにあなたは成功する人って、こんな感じだと思っていませんか?
階段をトントン拍子に駆け上がっていくような感じです。

実はそれは、違います!! 実際はこうです。
1日1段。少しずつ上がっていく感じです。

こう見ると、凄く地味に見えるでしょ?
実は成功までの道のりは、以外にも地味なのです。

成功までの道のりは、こういう感じなんだ、
というイメージをしておいてくださいね。

 

◎まとめ:「退屈なことに没頭する」大切さ

最後にまとめとして、僕から大事なことをお伝えしておきますね。

ほとんどの人は目標を達成することができません。
なぜ多くの人は目標を達成できないのでしょう?

それは、一つの事をやっているとつまらなくなり、途中で投げ出したり、
他の新しいことを見てワクワクしてそれをやり始めるからです。

 

逆に成功する人って、なぜ成功できたのでしょう?
それは、1つの事をひたすらやり続けたことで成功したからです。

つまり、「一つのことをやり続けること」というのは、
「新しいことを一切しない」ということです。

つまり、目標を達成するための道のりというのは、
地味でつまらないものということです。

でも逆にいうと、退屈な事というのは、

目標を達成する、人生で成功するという要素がたくさん詰まっている

ということです。

逆に、新しいことを始めるということは、
「楽しい!」と思うからやり始めやすいんですね。

何かをやっていて、だんだんやる気をなくし、
そして新しいことに興味を持ちワクワクして、
その新しいことをやり始めます。

しかしそれをやってしまうと、
「何も達成されない」という結果が出ます。

◎大事なことは、覚えたことを身に付けれるようになるまで、
 新しいことは一切やらないこと。

◎いかにひとつの事を最後まで終わらせるか(目標を達成するか)

これが重要になります。

なので、覚えたことを忘れたり、分からなかったときは、
分かるまでひたすら繰り返して復習する。
分からないなら、わかるまでやる!

世の中の成功者は、

「上手くなりたい! 成功したい!」

という目的があったから、同じ事をコツコツ地道にやったんです。

だからあなたも頑張れば、必ず人生で成功できますよ◎

 

役に立ったらポチっとしてね↓