『写経』はコピーライティング上達のチート技

こんにちは、トッシーです。

突然ですが、あなたは文章を書くことが得意ですか?

それとも苦手ですか?

 

今回は、あなたがこれからブログで記事を書いていくときに、

文章が上手く書けるようになる裏技的なことを紹介したいと思います。

 

ちなみに、このチート技は、あなたがブログで記事を書く以外にも、

あなたの本業のお仕事の中で、企画書などの何か文章を書く機会が訪れた時に、

これをしておくと、すぐ良い文章がかけるようになるので、

きっと役に立てることもできます。

 

僕もはじめは文章を書くことが凄く苦手だったのですが、

このチート技で練習したおかげで、ブログ以外にも仕事で文章を書く時に、

凄くスラスラと文章が書けるようになりましたし、

当時、職場の上司から面談後の評価欄にも、

「文章力に関しては、部署内で一番。」

「自分なりにポイントを上手くまとめられていると思います。」

という評価をいただけました(^^)

 

ではさっそく、その裏技を教えていきますね◎

 

◎最強の上達技、それは『写経』することだった!

 

あなたは、『写経』とはどういうものかご存知ですか?

写経とは簡単に言うと、

お経を書き写すことによって、

精神の安定を目的とする一つの修行のようなものです。

今回の写経は、このようなお経を書き写すことではないですよ。笑

 

ここでいう写経は、成功している人のブログの記事やメルマガを写すことです。

実は、コピーライティングを早く上達させるには、

この写経が一番有効な手段になるのです。

 

僕は写経を開始して、10万文字を超えたところから、

徐々にアクセスが増え始め、

たまに読者の方からコメントが付くこともありました。

あとは、紹介している無料オファーが成約したり、

実際に紹介した教材が売れるという現象も起こりました。

 

自分が実際に体験したから言えるのですが、

やはり、写経はコピーライティングの実践練習にはもってこいだということです。

今回は、あなたがコピーライティングスキルを劇的に上達させるために、

写経の具体的なやり方やコツ、成功のまでの目安の文字数、

練習用のおすすめ素材を教えていこう思います。

 

◎写経の準備を始めていこう!

まず注意したい事として、いざ写経をしようとしても、

いきなり文字を書き写していくと、あまりの文字の多さに、

すぐに挫折してしまう恐れがあります。

 

なので、まず始めに挫折防止のためにも、

まずあなたがタッチタイピングができるかどうかを確認することから始めます。

ちなみに、タッチタイピングとはブラインドタッチとも言われ、

キーボードを見ず、パソコンの画面を見ながら文字を打つことをいいます。

 

写経するには、最低でも200WPM(ワードパーミニッツ)以上ないと、

写経することは難しいです。

WPMとは、1分間に200回キーを叩けることをいいます。

その測定方法として、こちらの

イータイピングというタイピング練習のサイトがあります。

一度、このサイトでWPMの測定をしてみてください。

イータイピング

 

僕は最初は180WPMくらいしかありませんでした。

そこで、まずは200WPM出せるように、

毎日最低でも20分はタイピングの練習をすることから始めていき、

今では250WPMまで出せるようになりました。

 

もし測定して、あなたの測定値が200WPM以下なら、

まずはここでタイピングの練習を始めていきましょう。

1時間以上練習すれば、200WPMはすぐに出せますよ(^^)

安定して200WPMが出せるようになったら、いよいよ写経の段階に入ります。

 

◎写経用おすすめ素材で写経開始!

いよいよ写経する段階になったところで、どの文章を写経すればいいの?

ということになってきますよね。

ここで重要なのは、

成功者のブログの記事やメルマガ、

またはセールスレターを写経しないと上達しません。

 

あと、文章が下手な人の記事を写経してはいけません。

文章が下手な人の記事などを写経すると、

あなたもその程度のレベルの文章しか書けなくなってしまうからです。

なので、素材としては、成功している人の記事など練習用に写経していきましょう。

 

そして、写経する目安の文字数はどのくらいになるのかというと、

写経には、10万文字を写経するとコピーライティングのスキルは身に付きます。

 

さらにもうちょっと深く言うと、

自分が書きたい記事の文字数が約3000文字としましょう。

すると写経する目安の文字数は、3万文字を写経します。

 

つまり、写経する目安の文字数というのは、

その書きたい量の10倍の量が写経する目安の文字数になります。

 

もしあなたが1万文字のセールスレターを書きたいなら、10万文字を写経する。

このように常に自分が書きたい量の10倍の文字数を意識してください。

そして、最低でも10万文字以上を写経してください。

 

~オススメ写経練習用素材~

だいぽんさん

この人は、アフィリエイトでたった1人で年収4億も稼ぎ出している

超有名なトップアフィリエイターで、

他にも、コンサルで様々なビジネスを成功させているすごい方なんです!

そのだいぽんさんのメルマガは、コピーライティングを学ぶ上で、

非常に勉強になるくらい、文章が上手くまとまっています。

ちなみに今はこの書籍が無料でもらえますよ↓


この書籍もすごく面白い内容ですので、一度読んでみる価値はありますよ~

 

 

橋本雅さん

この方も、だいぽんさんと同じで、

アフィリエイト一つで自由な生活を送っている方です。

この方の記事の特徴としては、

とにかく文章がキレイで読みやすく、気がつけば最後まで読んでしまっていた

ということが多々ありました。

ブログの記事を見ればすぐ分かると思いますが、

ものすごくライティングの勉強をして努力されてきたんだなぁと感じました。

なので、橋本さんのブログの記事を写経することも勉強になるかと。

ブログはこちらからどうぞ。

 

 

◎なぜ写経が効果的なのか?

ところであなたは今、こんな疑問が出てきませんでしたか?

なぜ、写経がコピーライティングのスキルを上げるのに効果があるのか?

普通なら、写経なんて言葉すら出てきませんよね?

 

これは僕が実際に体験したことを踏まえて、考えていきたいと思うのですが、

大体、10万文字以上も写経してくると、

ある日突然、その人が書いた文章が、まるで自分が書いたように錯覚してきます。

 

つまり、「この記事はこういう目的で書いているんだな」とか、

「ここはこういう価値観を伝えているんだな」などがだんだんと分かってきます。

それと、その人の文章の書き方を自然と見に付けられて、

無意識に成功者が書く文章が自分にも書けるようになります。

これは、非常に武器として使えるので価値のあるテクニックだと思いますよ◎

 

例えば、漫画家の手塚治虫は、

まだ下積み時代の時に、ディズニーのアニメを何回も模写したといわれています。

これって、一種の写経ですよね?

手塚治虫が成功できたのは、写経のような練習を毎日続けたおかげで、

自分のスタイルを確立することに成功したのだと思います。

 

なので、あなたがブログでビジネスをしようと考えているならば、

この写経で、コピーライティングのスキルを上げる修行をしていきましょう◎

 

では次に、写経の具体的なやり方を2段階に分けてしていきましょう。

 

◎写経レベル1 ひたすらタイピングに集中する

①自分が良いと思うメルマガ文章やブログ記事を開く

②メモ帳を開く

③体裁を気にせず、ひたすら書き写す。書きなぐる

 

実際に僕がやっている時はこんな感じ↓

 

ここでは、

・誤字・脱字は大歓迎!気にせずに!

・『説得の価値観9』や『LF9』の要素はいらない(写経レベル2で必要になる)

・漢字変換もしなくていい(ひらがなでダーっとキーボードを叩く)

・文章の意味もほぼいらず。

 

細かいことは気にせず、

ひたすらタイピングに集中してください!写すことが大事!

ひとつの事に集中することが早く成果を出すコツです。

 

例えば、写経を始めたばかりの時期に、

『説得の価値観9』や『LF9』の要素を意識しながら写経すると、

写経をすることが苦行になってしまい、間違いなく挫折します。

 

レベル1は、成功者の文章を写経で真似て文章の書き方のコツをつかむ

それ以上のことを意識してはダメ! 以上!

 

 

写経レベル2 フレームワークを意識する

この段階では、フレームワークを意識しながら写経することで、

コピーライティングのスキルをさらにアップさせるのが目的です。

ここでいうフレームワークとは、

『説得の価値観9』や『LF9』のことをいいます。

 

例えば、写経する文章の中に、

「あ、この部分はこの人の信念を取り入れているな」

「この記事はメリットを提示しているんだな」

と、写経しながらわかってくるようになり、さらに

この文章の目的は何か?

読者に何を伝えているのか?

など、自分で分析できるようになります。

 

つまり写経とは、

コピーライティングの要素の真の姿が明らかになるということ

文章の中にこれらのフレームワークを取り入れることによって、

どのように読者の心を動かす文章を書くのかを学ぶことができる

ということです。

これがコピーライティングを上達させるコツです。

 

あと注意したいのは、このフレームワークを勉強していない段階で写経しても、

ただのタイピングの練習になってしまうので注意が必要です。

 

『コピーライティングの成功とは、要素を知った上で写経する事』

なので、10万文字以上を書く事になるんです◎

 

あなたは、コピーライティングスキルを上達させれば、

ブログでお金が稼げることが可能だという事を知りましたよね?

コピーライティングスキルを上達させるやり方も知りましたよね?

そのやり方が『写経』。

だから、写経をしてくださいということですね◎

 

◎まとめ

・コピーライティングを上達させるためには『写経』を10万文字以上すること

・10万文字を書く前に挫折したということは、タイピング速度が遅いかやってない

・タイピングが遅いということは200WPMいってないということ

・200WPMいってないということはタッチタイピングができない

・タッチタイピングができないなら、『イータイピング』で練習する

 

写経するにあたって、まずはこのように1つ1つの要素を分解してみて、

自分が不足している部分を1個1個クリアしていく。

これらの要素をクリアして、写経で10万文字以上を達成すると、

あなたはコピーライティングをマスターしたことになります。

 

なので、

情報発信ビジネスでお金を稼ぎたい!

アフィリエイトで成功したい!

と真剣に思っているならば、必ず写経で修行してください。

写経したら、とても学びがありますよ~◎

 

『説得の価値観9』や『LF9』についてはこちらの記事を参考にしてね☆

 

『販売に必要な説得の9要素とは?』

人間の欲望を刺激する『9つの真の欲求』