ニーズとウォンツって?~ビジネスで必要な視点~

こんにちは、トッシーです。

今回は、ビジネスを始めていくためのマーケティングの基礎知識である、
『ニーズとウォンツ』についてお話していこうと思います。

この基礎知識を正しく理解できれば、
あなたは実業でも、ネットビジネスでも、あらゆるビジネスで成功できるでしょう◎

具体例も含めて解説していきますね◎

ニーズとウォンツの違いって何?

まずは、ニーズとウォンツって何?どう違うの?ということを解説します。

この2つは簡単にいうと、

人間の「欲しい!」という欲望の部分を指しています。

ニーズとウォンツは『似て非なるもの』なのです。

「どういうこと?」と思うかもしれませんが、以下にまとめるとこうです。重要ポイント

重要ポイント

ニーズ:〇〇が足りないからほしい!

ウォンツ:〇〇という状態がほしい!

これはすごく重要なので、必ずメモして覚えてくださいね。

ではまず、ニーズについての解説をしていきます。

ニーズとは?

初めにニーズという状態は、いったいどこで生まれるかについてですが、
例として、戦後の日本がわかりやすいと思います。

太平洋戦争が終わった後、日本はどこもかしこも焼け野原の状態でした。

家も、食べ物も、服も何もない状況です。

こういった『何もないところ』にニーズは生まれます。

例えば終戦直後の日本は、食べ物が大幅に不足している状態でした。
なので、人々は常に「空腹」との闘いでもありました。

つまり、『食べ物が足りないので、食べ物が欲しい』

という状況だったわけです。

なので、必要な食べ物が作られるたびに、たとえ値段が高くても、
どんな食べ物でもどんどん売れていきました。

そんな日本も、やがて経済の成長とともに豊かになっていき、
「生きていく上で必要なモノ」というのがどんどん出てきます。
その結果、誰でも必要なモノがいつでも手に入る状態になりました。

そして日本は、あっという間にモノであふれるような状況になりました。
日本中にモノがあふれかえるということは、
その分、作れば作るだけ売れた商品が、どんどん売れなくなってくるという状態になります。

今の日本が不況なのも、モノがあふれかえってしまい、ニーズがなくなったからなんです。

例えば、よっぽどのことがない限り、日本で飢え死にするということは
まずないですよね?

それは、生きていく上で必要な食べ物が世の中にはあふれかえっているし、
しかもお腹がすけば、簡単に食べ物が手に入れることができるからですよね?

終戦直後なら、ニンジン1本でもすぐ売れる状態だったのに、
今ではニンジンが不足するぐらい売れるということはないですよね。

つまり『食べ物が足りないので、食べ物が欲しい』

という『ニーズの部分』が満たされているからニンジンが売れないのです。

これがニーズという部分です。

では次に、『ウォンツ』について説明していきますね。

ウォンツって何?

 

先ほども言いましたが、ウォンツとは、

「〇〇という状態が欲しい!」

ということでしたね◎

実は、このウォンツの部分を刺激することができれば、
『それが欲しい!』と思わせることができます◎

つまり、ニーズが満たされた今の世の中でも、
このウォンツを刺激することができれば、あなたも商売できるということです。

しかも、かなり大きく儲けることも可能です!

「〇〇という状態が欲しい!」

とお客さんに思わせることが、ビジネス成功の秘訣です◎

例えば、

ダイエットで『10キロ痩せて、異性にモテたい!』

受験で『あの有名大学に合格したい!』

そしてこのウォンツを刺激して、商品を売るために、
今の企業や起業家たちは、日夜努力をしています。

こういうウォンツの部分に対して人は、喜んで大金を払いますからね。

どれくらいかというと、

「〇円払ってでもその状態になりたい」と考える10分の1の金額

なら余裕でお金を払っちゃいます◎ これホントです。

たとえばあなたが、

「100万払ってでも20キロ痩せた状態になりたい」

とい思っているなら、10万円くらいは簡単に払うでしょう。

「学費が1000万円かかっても子供を有名校に入れてやりたい」

という親であれば、塾代に100万円は余裕で投資するでしょう。

有名Youtuberによって「ウォンツ」が創出された例

ここまで、ニーズとウォンツの違いについて解説しました。

あなたがこれから自分の力でお金を稼ぐためには、
ニーズをウォンツに変える努力が必要と理解されたと思います。

ではここで、実際に「ウォンツ」が創出された例を紹介したいと思います。

その事例とは、
Youtuberのヒカキンさんが紹介したコンビニのお菓子が、
売り切れ状態になったあの出来事です。

これは、ヒカキンさんが動画で紹介したコンビニのあるお菓子が、
動画が投稿された翌日から、どこのコンビニ店舗でも売り切れ状態になりました。

しかもそのお菓子が、
メルカリなどで400円前後で転売されるという状況になり、
ヒカキンさんが動画で高額転売はやめるよう呼びかける事態にまでなりました。
しかも実際に購入する人がちらほら出てきましたし、
中には何個かセットで5000円の値段で転売されているものもありました!
(そこまでして買う価値があるのかと、この時思いましたが。)

なぜこのようになったのか?

結論からいうと、

有名Youtuberによって偶然にも「ウォンツ」が創出されたから!

なんです。

つまり、人々は

「今話題のコンビニのお菓子を手に入れて、
 
買えなかった人たちよりも優越な立場になってお菓子を味わいたい」

というウォンツの部分が刺激されたから欲しがっているのです。

しかも、この時は偶然にも、

「コンビニのお菓子が足りないから」

というニーズの部分も絡んでいたから、余計に「欲しい!」と刺激された。

だから高額転売でも、その商品を買う人が現れた状態になった、

というわけです。

ここでヒカキンさんがこの商品をアフィリエイトで紹介していたら、
まさにアフィリエイトで大儲けしていたでしょうね◎

これこそ、ウォンツを刺激したウォンツ創出型ビジネスです。
なので、僕がこの出来事を見て感じたことは、
この時に転売した人はある意味ビジネスのセンスがあるなと感じました。

以上の例もふまえて、
今の世の中で、モノが売れているビジネスというのは、
この「ウォンツ創出型ビジネスで顧客を囲い込む」
ということをして成功しているものばかりです。

特にYoutubeはウォンツ創出型のビジネスの事例がたくさんあります。

自宅でもできるマッチョになれる筋トレ方法や、ゲームの攻略法、
おススメの商品や限定の商品のレビューなどです。
事例がたくさんあるので、すごく勉強になります◎

今あなたが、起業などで成功したいと思うなら、
この『ウォンツ創出型ビジネス』を取り入れることがとても重要になってきます。

それは、

「100万円を払ってでもその状態になりたい!」

というお客さんの欲を満たすことができる商品を提供することです。

あなたも「ニーズとウォンツ」を正しく理解して、
ぜひ自分のビジネススキルとして活かしてくださいね◎

 

PS.

今回Youtubeの動画投稿で起こった事例を紹介しましたが、
実際にYoutubeの動画には、人間のウォンツの部分が刺激される動画が結構あるなと思いました。

たとえば僕の場合だと、
『自宅でもマッチョになれる筋トレ方法』などの動画とかは、
僕の『ジムに通わなくてもマッチョになりたい!』
というウォンツの部分を見事に刺激されました(笑)

今はその動画を観ながら、毎日筋トレをしています。

あとは、僕はよく業務スーパーを利用するので、
『業務スーパーのオススメ商品レビュー』も参考によく観ますね◎
そこで、この商品欲しいなぁ~と思ったら買ってます◎

しかも、この商品のレビュー動画って、
アフィリエイトで商品を紹介するための参考にもなります。

例えば、商品のメリット、デメリットをどのように説明しているか、
この商品を買うことで、あなたはどういう状態になれるかとか。
実際に使ってみて自分の場合、どうなったかとか。

これってアフィリエイトに活かせる要素ばっかりじゃないですか?

なので、アフィリエイトを学ぶ上で、参考にしてみるのもいいですよ◎

 

役に立ったらポチッとしてね↓