あなたは、『なぜサラリーマンはこんなに働いても稼げないのか?』

ということに疑問をもったことはありませんか?

「そんなの、世の中が不景気だからだよ」

「会社がケチって給料をあげてくれないからだ!」

というかもしれませんね。

 

実は、根本的な理由は別のところにあるんです。

その理由とは、サラリーマンというビジネスモデルにあるということです。

今回はサラリーマンが儲からない理由がわかると同時に、

「逆に儲かるビジネスモデルとは?」という視点を踏まえてお話していこうと思います。

 

◎サラリーマンが稼げない理由はある条件を満たしていないからだ!

冒頭で、サラリーマンは儲けることができない理由が、

サラリーマンというビジネスモデルにあるということを言いましたが、

この世の中には、

『儲かるビジネスモデル』と、『儲けることができないビジネスモデル』

の2つがあります。

 

結論から言うと、

サラリーマンは、『儲けることができないビジネスモデル』分類にされます。

逆に儲かるビジネスモデルというものは、いったいどういうものでしょうか?

 

今から儲かるビジネスモデルの4つの要素を教えます。

 

◎儲かるビジネスモデルの4つの要素

1.複製が可能であること

2.将来的に資産になること

3.自社商品であること

4.場所を提供するということ

 

これが『儲かるビジネスモデル』の4つの要素になります。

実は、サラリーマンなどのように会社に雇われているほとんどの労働者は、

この4つの要素すべてを満たしていないので儲けることができないのです!

 

逆にいうと、この4つの要素を満たすビジネスモデルさえ作ることができれば、

あなたは起業して今以上の収入を稼ぐことができるというわけです◎

 

ではここで、稼げるビジネスモデルの4つの要素を詳しく見ていきましょう。

 

◎1の要素:複製が可能であること

まず第1要素、複製が可能であること。

これはどういうことかというと、一言でいえば

「これをコピーすることができるか?」ということになります。

例えば、ある1万円の商品を1日1個しか生産できないのと、1日1万個生産できるとなれば、

明らかに1日1万個生産できる方が大きく儲けることができますよね?

 

1-1:「商品」そのものを複製することができるか?

もし扱う商品が『何かの情報』だとしましょう。

情報を扱った商品だと、複製は簡単に出来ます。

例えば、電子書籍とかは、情報をネット上で書籍化して販売していますよね?

しかも商品は、お金を払えばいつでも好きなだけダウンロードできます。

つまり、ほぼ複製のコスト0で売り出すことができるということですね◎

 

あとは情報商材もそうですよね。

情報を、PDFファイルにまとめたり、音声データにしたり、または動画にしたりと。

もしあなたが、何かしらの情報やノウハウを持っているのであれば、

その情報をブログやSNSでコンテンツ化して情報発信すると、

それは立派な情報商材として売ることができます◎

 

けれども、もしこの商品がモノにかわったらどうでしょう?

そうなると、複製の難易度は一気に上がってしまいます。

 

例えば、僕達が生きていく上には、食べ物がかかせませんよね?

日頃の食卓に並ぶその食べ物(パンとか惣菜など)は、

人の手で作らないといけないものがほとんどですよね。

 

そうなると、その食べ物を作る人を雇わないといけませんし、

少しでも利益をあげようとすると、一度に大量生産できる工場などもつくらなければなりません。

 

さらに、その商品が『人』であった場合、その商品は複製することができません。
(完璧なクローン技術があれば話は別ですけど...。)

 

ここで言いますと、サラリーマンとは、

あなた自身(人)が商品となるビジネスモデルになるんです!

 

それはどういうことかというと、

あなたはある会社へ就職したとき、その会社の経営者に、

『あなた自身という商品』『あなたの人生の時間』を売ることで、

その対価として、お給料をもらうということなんです。

 

しかし、給料を今より倍に増やそうとすれば、

今の仕事量も倍にしないといけませんよね?

それに、自分をもう1人増やそうと思っても、当然そんなことは無理ですよね。

つまり、サラリーマンが稼げないのは、自分自身をコピーできないからなんです。

 

◎2の要素:将来的に資産になること

 

儲かるビジネスの第2の要素は将来的に資産になることです。

資産といっても、あまり聞きなれていないかもしれませんが、

簡単に言うと、資産とは、

放置していても勝手にお金を生み出してくれる仕組みのことをいいます。

ここでいう資産になるものは

人、モノ、金、情報の4つが資産になります。

ではこれら4つの資産を詳しく見ていきましょう。

 

2-1:人の資産

人の資産とは、誰かを雇って働かせることになります。

要は会社で誰かを雇うということですね。

そこに優秀な人がたくさん集まれば、その分お金がどんどん増やすことができますが、

逆に、教育や管理に大きなコストがかかってしまいます。

人の資産化はこういう面での難しさがあります。

 

 

2-2:モノの資産

モノの資産とは、主に土地や不動産などの建物、宝石類などがそれにあたります。

しかしこういうものは、値段があまりにも高いので、手に入れることが難しいですね。

モノを資産化することは非常にレベルが高く難しいのが欠点です。

 

 

2-3:お金の資産

これはどういうものかというと、株やFXなどで築き上げた資産ということになります。

しかし、お金を資産化しようと思ったら、

その前に元手となる資金を準備するのがとても大変です。

例えば、株の配当だけで生活しようと思ったら、何億というお金を預けないと、

配当だけで生活するということは無理なんです。

なので、お金を資産化するということは、結構大変なことなのです。

 

 

2-4:情報の資産

情報の資産というのは、実はこの4つの中でも比較的簡単に資産化しやすいです。

例えば、このブログも情報の資産となるものの一つです◎

他にも、メルマガや音楽、書籍などもそうですね。

これらのものをあなた自身で作り出すことが出来れば、

あなたが放置していても、自動でお金を稼いでくれる情報の資産になります。

 

ちなみに、YouTuberが今の時代での「情報の資産」のビジネスモデルになっていますね。

 

ちなみにサラリーマンは、自分は何をしていなくても、

自動でお金を稼ぐということができないため資産にはならないのです。

 

つまり、サラリーマンというビジネスモデルは、資産になるものはないということです。

 

◎3の要素:自社商品であること

 

儲かるビジネスの第3の要素は、『自社商品であること』になります。

ちなみに、自社商品の反対は他社商品になります。

 

ここで、儲かるビジネスモデルでなぜ自社商品であることがいいのか?

それは、

自社商品だと、他者商品にくらべて利益率が高いからです。

 

あなたが扱う商品が他社商品だと、あなたから紹介した商品が売れた場合、

その報酬は、商品の価格の4割~5割くらいの利益しかもらえないので、

あまり儲けにはなりません。

 

しかし、あなたが扱っている商品が自社商品だったらどうなるか?

商品の利益はすべてあなたの手元に入るようになります◎

サラリーマンというビジネスモデルで考えると、

サラリーマンは、いわば社長が所有する商品ということになるので、

「他社商品」ということになりますよね。

 

サラリーマンは、たとえ大きく稼いでも結果的には社長と利益を折半するようになるので、あまり稼げないということになります。

 

◎4の要素:場所を提供すること

 

儲かるビジネスモデルの第4の要素は、『場所を提供すること』になります。

 

場所を提供することが、なぜ儲かるビジネスモデルになるのかというと、

自分が有利になるルールを決めることができたり、手数料を取ることができるからです。

ちなみに、こういう場所の事を『プラットフォーム』といいます。

 

例えるなら、パチンコ、競馬などのギャンブルの胴元ビジネスがこれらにあたりますね。

 

胴元は自分でルールを決めることができるので、

絶対に自分が損をすることがなく、赤字になることがありません。

 

今の時代だと、思いつくのは、AmazonとかGoogleもそれらにあたりますね。

情報ではGoogle、流通ではAmazonが市場を独占状態にしているので、

彼らは、交通整理料などとして、一定の金額をユーザーから徴収していますよね◎

 

サラリーマンだと、逆に場所を提供してもらっている立場です。

それは、会社側がその時の状況によってルールを決めてくるので、

サラリーマンでは大きく稼ぐといったことができません。

 

◎あなたが目指すビジネスモデルとは?(まとめ)

ここまでいかがだったでしょうか?

ここでもう一度儲かるビジネスモデルの4つの要素をおさらいしておきましょう。

◎儲かるビジネスモデルの4つの要素

1.複製が可能であること

2.将来的に資産になること

3.自社商品であること

4.場所を提供するということ

 

このように、サラリーマンはこの儲かるビジネスの4つの要素を一つも満たしていません。

サラリーマンとして一生懸命働いても人生で豊かになれない理由として、

実は稼げないビジネスモデルだったからなんだということを理解していただけたと思います。

 

では、あなたが今以上にお金を稼ぎたいのであればどうすればいいのか?

サラリーマンというビジネスモデルを早く卒業して、

儲かるビジネスモデルの4つの要素を満たしたお金を稼ぐビジネスモデルに乗り換えることが必要です。

 

そこで、僕が初心者におすすめしたいのは、今僕がしている

ブログやメルマガを活用した情報発信ビジネスです。

ブログの記事やメルマガは、そこで有益な情報を発信していたら、

それがネット上であなたの資産となり、複製も可能場所も提供できます。

 

さらに、最初にアフィリエイトから始めれば、初心者でもやりやすいし、

そこで実績を出して儲けることができたら、次はその経験を活かして、

自社商品として教材を作り出すことができれば、

自社商品という条件も晴れてクリアです。

 

このような情報発信ビジネスは、特別な才能などは全く必要ありません!

正しい方法で、正しいやり方さえすれば最短で成功までの道を突き進め、

必ずサラリーマンの時よりも大きくお金を稼げるようになります。

 

このブログでは、そういう情報発信ビジネスで成功できる有益な情報を

これからもどんどん発信していきますので、

ぜひこのブログの記事を読んで活用していってくださいね☆